利用規約

  • 「Fanpla Action」利用規約(以下「本規約」という)は、株式会社Fanplus(以下「当社」という)が運営するクラウドファンディングサービス「Fanpla Action」を通じて提供されるサービス(以下「本サービス」という)において、本サービスの利用者の権利義務関係を定めるものです。本サービスの利用に関し、全てのお客様は、本規約のすべてに同意いただき、当社が定める方法により会員登録をする必要があります。また、本サービスの利用にあたり、本規約及びお客様が利用するサービスごとに定められたガイドラインや注意事項(以下「ガイドライン等」という)に同意のうえ、本サービスを利用することができます。

  • 第1条(本規約及びガイドライン等の適用関係)
    1. 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社と本サービスを閲覧及び利用する全てのお客様(以下「利用者」という)との間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社と利用者との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
    2. 当社は本規約の他、当社ウェブサイト上のアクションページにおいて本サービスの利用に関するガイドライン等を定めることができ、これらのガイドライン等は、名称の如何に関わらず本規約の一部を構成するものとします。
    3. 本規約の内容とガイドライン等の記載が矛盾抵触する場合、当該部分についてはガイドライン等が優先して適用されるものとします。
    4. プランナーは、アクションの購入に関する利用条件(以下「利用条件」という)を設定し、購入契約の内容とすることができます。ただし、本規約の内容と利用条件の記載が矛盾抵触する場合、当該部分については本規約の規定が優先して適用されるものとします。

  • 第2条(定義)
  • 本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。
    1. 「アクション」とは、本サービス上で掲載される個々のクラウドファンディングをいいます。
    2. 「本サービス」とは、当社が提供する[Fanpla Action]という名称のクラウドファンディング用のプラットフォーム(理由の如何を問わずサービスの名称または内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)を意味します。本サービスは、アーティスト、アスリート、タレント等(以下「アーティスト等」という)が所属する事務所等がプランナーとなり掲載したアクションに対し、不特定多数の会員がパートナーとなり、アクションへ金銭的な支援をするためのプラットフォームです。
    3. 「サービス利用契約」とは、本規約を契約条件として当社と利用者との間で締結される、本サービスの利用契約の総称を意味します。当社は、プランナーとのサービス利用契約においては、プランナーに対し、不特定多数の者に対しアクションの購入を求める場を提供し、パートナーとのサービス利用契約においては、パートナーに対し、特定のアクションを実行する場を提供します。
    4. 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「action.fanpla.jp」である、当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当社のウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。
    5. 「購入」とは、パートナーがプランナーに対して一定の金銭(以下「購入代金」という)を支援する行為をいいます。
    6. 「購入契約」とは、アクションが成立した場合に、パートナーとアクションプランナーとの間で成立する売買契約等の有償契約をいいます。
    7. 「リターン」とは、購入契約に基づきプランナーから商品、サービス等の購入の対価として受け取れる権利をいいます。
    8. 「プランナー」とは、アーティスト、タレントや所属する事務所などの、アクションの企画、管理、運営等の実行者をいいます。
    9. 「パートナー」とは、会員であって、アクションの商品、サービス等を購入する者をいいます。
    10. 「会員」とは、第3条(会員登録)に基づいて本サービスの提供を受ける者としての登録がなされた者を意味し、パートナーを含みます。
    11. 「登録情報」とは、本サービスの提供を受ける目的で、会員が当社に提供した一切の情報をいいます。
    12. 「投稿データ」とは、会員が本サービスを利用して投稿その他送信するコンテンツ(文章、画像、動画その他のデータを含みますがこれらに限りません。)を意味します。
    13. 「利用者」とは、会員、パートナー及びプランナーを含む本サービスを閲覧・利用する者の総称をいいます。
    14. 「プラン」とは、アクション内で企画されたリターンの総称で、会員が購入できる商品、サービスをいいます。
    15. 「掲載期間」とは、本サービス上でアクション毎にプランナーが設定したプランが購入できる期間をいいます。
    16. 「目標金額」とは、各アクションについて、プランナーが設定した購入総額の目標金額をいいます。
    17. 「購入総額」とは、各アクションについてパートナーが購入契約に基づき支払った購入代金の総額をいいます。
    18. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。

  • 第3条(会員登録)
    1. 利用者の内、現に本サービスの利用を希望する者は、本サービスを継続的に利用するために、本規約等及び「Plus member ID」(以下「会員ID」という)利用規約に同意の上、当社所定の登録手続きを履践することにより、会員となることができます。なお、未成年者の場合は保護者の同意を得た上で会員登録を行うものとします。
    2. 前項に定める会員登録の完了時に、サービス利用契約が会員と当社の間に成立し、会員は本サービスを本規約に従い利用することができるようになります。
    3. 当社は、会員及び本サービス利用者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録を拒否または登録の取り消し、本サービスの利用停止措置をすることがあり、またその理由について一切開示義務を負いません
  • (1)当社に提供した登録事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
  • (2)別人又は別法人になりすましている場合
  • (3)未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
  • (4)第31条に違反する事由が存在すると当社が判断した場合
  • (5)過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合
  • (6)第10条に定める措置を受けたことがある場合
  • (7)その他、登録を適当でないと当社が判断した場合

  • 第4条(会員登録情報の変更通知義務)
  • 会員は、登録情報に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更内容を遅滞なく当社に通知するものとします。会員が当該通知を怠ったことにより当該会員又は第三者に生じた不利益又は損害については、当社は一切責任を負わないものとします。

  • 第5条(パスワード及び会員IDの管理)
    1. 会員は、自己の責任において、本サービスに関するパスワード及び会員IDを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
    2. パスワードまたは会員IDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は会員が負うものとします。
    3. 会員は、その事由を問わず、会員IDまたはパスワードが第三者に漏えいした場合、若しくは会員IDまたはパスワードが第三者に使用されている疑いのある場合には、直ちに当社へその旨を連絡するとともに、当社の指示がある場合にはこれに従うものとします。この場合、当社は、問題が解決するまで、当該会員のアカウントを不正アカウントとして停止することができるものとし、かかる措置に基づき会員に損害又は不利益が生じた場合であっても、その責任を負わないものとします。

  • 第6条(アクションにおける契約当事者)
  • パートナーによるアクションの購入が完了した時点で、プランナーとパートナーとの間において購入契約が成立します。プラットフォームの提供者である当社は購入契約の当事者ではありません。

  • 第7条(アクションへのお申込みと掲載)
  • プランナーがアクションに対する購入を募集する場合、当社が定める事項を入力フォームに入力して申込みをするものとします。この場合であって当社からの個別の求めがあるときには、アクションプランナーは、当社に対し、別途必要な情報や書類の提出等をするものとします。

  • 第8条(プランナーの利用資格)
    1. 本サービスの利用者がプランナーとしてアクションを掲載するには、当社が個別に認めた場合を除き、以下の条件を満たす必要があります。
    2. (1)アーティスト等としての活動実績があること。

      (2)日本国内に住所を有すること。

      (3)電話番号(携帯電話番号を含む)、本人名義の銀行口座および身分証(免許証、パスポート、健康保険証等)を保有していること。

    3. アクション掲載者は、当社が求めた場合は、速やかに、利用資格の確認のため、前項(3)の書類又は当社が必要と認める情報等を提供しなければなりません。

  • 第9条(プランナーの義務及び各法令の遵守等)
    1. プランナーは、アクションの掲載及びリターンの提供を行うことにつき、自己の責任及び費用負担において、民法、特定商取引に関する法律(以下「特定商取引法」という)、不当景品類および不当表示防止法その他関係法令等を遵守するものとします。プランナーは、特定商取引法に基づく表記(以下「特商法の表記」という)を、自己の責任において、アクションページ内またはアクションページ等からリンクで遷移できるページ(以下総称して「アクションページ等」という)に掲載する必要があります。当社が当社ウェブサイトにおいて定める特商法の表記の掲載は、プランナーの特定商取引法第11条に基づく義務が履行されるわけではありません。
    2. プランナーは、特に以下各号のリターンを設定する場合、プロフィールページ等に許認可番号、管理責任者名その他ウェブサイトへの表示が法令に基づく義務とされている事項を記載するものとします。
    3. (1)中古品:古物商許可証

      (2)酒類:通信販売酒類小売業免許

      (3)食品:食品衛生法上に基づく営業許可

      (4)医薬品、医療機器:医薬品医療機器等法における許可

      (5)上記各号の他、法令に基づき許認可その他の利用資格の取得が義務付けられている場合


  • 第10条(当社の措置等)
    1. アクション又はリターンの内容が以下の事由に該当すると当社が判断する場合、当社は、自己の裁量に基づき、アクションが成立する前、または成立した後であっても、アクションの掲載の不承認、掲載後の削除・修正その他の措置(以下「措置等」という)を取ることができるものとします。
    2. (1)アクションの成立又はリターンの履行が明らかに困難である場合

      (2)アクションの記載ページ等に矛盾又は誤解を招く内容が記載されている場合

      (3)アクションの内容と関係ない画像等が使用されている場合

      (4)法令等に違反し、またはそのおそれがある場合

      (5)第8条に基づく登録要件を充足することが確認できない場合

      (6)申込時に申請した情報に虚偽が含まれている場合

      (7)アクション又はリターンの内容が第23条その他本規約に抵触する場合

      (8)その他、アクションの掲載内容が不適当であると当社が判断した場合

    3. アクションが掲載された後、前項各号記載の事情の調査の必要性が合理的に認められる場合、当社は、事実関係の確認に必要な間、アクションの掲載を一時中止することがあります。プランナーは、当社の事実関係の確認に必要な協力をする義務を負うものとします。
    4. 当社は、措置等を含む本条に基づく当社の行為によりプランナー及びパートナーに生じた損害及び不利益について一切の責任を負いません。また、当社は、措置等を含む本条に基づく当社の行為に関し、いかなる場合もその理由を開示する義務を負いません。

  • 第11条(アクションの類型)
  • アクションの類型は、All-in方式又はAll-or-Nothing方式の二類型となります。パートナーは、本サービス及びアクション毎に表示されるページに記載された情報を充分にご検討いただき、理解した上で支援決定の意思表示を行うものとします。
  • (1)All-in方式
    アクション総額が1円に到達した場合にアクションが成立する方式をいいます。All-in方式においては、アクション総額が目標金額に到達したか否かにかかわらずプランナーに支払われます。なお、アクションが成立後に本利用規約又は法令等に基づき購入契約が取り消し又はキャンセルされた場合で、その結果アクション総額が1円に未達となったときは、アクションは遡って不成立となります。

    (2) All-or-Nothing方式
    アクション総額が目標金額に到達した場合にアクションが成立する方式をいいます。All-or-Nothing方式においては、アクション総額が目標金額に到達した場合に限り、アクション総額がプランナーに支払われます。募集期間内にアクション総額が目標金額を達成できなかった場合にはアクションは不成立となります。なお、アクションが成立後に本利用規約又は法令等に基づき購入契約が取り消し又はキャンセルされた場合で、その結果アクション総額が目標金額に未達となったときは、アクションは遡って不成立となります。


  • 第12条(アクション成立時の手数料等)
  • アクションが成立した場合の手数料及び決済手数料の料率、支払時期及び支払方法については、当社がアクションページにおいて定め、利用者に対し通知する内容に従うものとします。

  • 第13条(プランナーによるパートナーへのリターンの提供方法)
    1. プランナーは、アクションの掲載時に、パートナーの購入代金に応じたリターンを設定する義務を負います。
    2. プランナーは、アクションが成立した場合、前項に基づき設定したリターンをパートナーに対して提供する義務を負います。当社はかかるリターンの履行等に関し、一切の責任を負いません。
    3. プランナーは、アクションの掲載時に、各リターンの発送又は履行の時期をアクションページ等に明示するものとします。
    4. リターンの発送遅延・遅配が生じる場合は、プランナー自らが該当するパートナーへ連絡を行うものとします。当社はかかる遅延、遅配について一切責任を負いません。なお、当社とプランナー間の合意に基づき、当社が発送業務を請け負う場合は、当社が該当するパートナーへの連絡を行います。
    5. プランナーは、当社との別段の合意がある場合を除き、アクション及びリターンについての問い合わせ等があった場合には、当該問い合わせに対し、自らの責任及び費用負担において回答するものとします。
    6. アクション掲載後、リターンの変更や削除はできません。プランナーは、やむを得ない事情によりリターンの内容の変更等が必要である場合には、自己の責任及び費用負担においてパートナーの個別の同意を得るものとし、同意を得られた範囲内においてのみリターンの変更を行うものとします。ただし、リターンの追加については、プランナーは、当社が事前に承諾した場合、当該アクションに限り行うことができます。
    7. リターンの提供のためにパートナーの個人情報(住所、電話番号、メールアドレス等)の独自の取得が必要となる場合、プランナーは、別途当社との合意に基づく方法により当該情報を取得するものとします。この場合、パートナーの個人情報はリターンの履行に必要な範囲でのみ利用することが許されます。また、取得した個人情報の管理はプランナーが責任を持って行うものとし、当社は個人情報の漏えい等のトラブルにより生じる損害又は不利益については一切責任を負いません。

  • 第14条(アクションの変更及びキャンセル)
    1. 本サービスに掲載が開始されたアクションは、当社の承諾なく、内容、掲載期間、目標金額及びリターンに対応する購入金額を変更することはできません。
    2. プランナーは、アクションが成立する前、または成立した後であっても、やむを得ない理由でアクションの継続ができない事由があり、かつ、当社が承諾した場合に限り、アクションの掲載を終了し、アクションをキャンセルすることができます。なお、この場合、プランナーは、当社が別途ガイドライン等において定めるプランナーに通知するキャンセル手数料が発生することについてあらかじめ了承するものとします。
    3. 前項の場合、プランナーは当社の定める方法でパートナーにキャンセルの理由を説明したうえ、パートナーからの個々の問い合わせについて自己の責任及び費用負担により対応することとします。

  • 第15条(アクションに関するトラブル)
    1. 前条に定めるものの外、アクション進行中に発生する購入契約当事者間でのトラブル、返金要求、その他紛争については、購入契約の当事者であるプランナーとパートナーとの間で解決するものとします。
    2. 当社は、中立的な立場で前項のトラブル解決に努めますが、購入契約の当事者間のトラブル解決に対し何らかの法的な義務を負うものではありません。
    3. 当社は、当サービスの健全性を確保する見地から、購入契約の当事者に事実関係の確認をする場合があり、プランナー及びパートナーは当社の事実確認に協力する義務を負うものとします。

  • 第16条(プランナーに対する購入代金の支払い等)
    1. プランナーは、当社に対して、パートナーから支払われる購入代金をプランナーに代わって受領するための代理受領権限を付与するものとします。
    2. 当社が、購入契約に基づきパートナーより支払われる購入代金を、プランナーに代わって受領した時点で、パートナーの購入代金支払義務の履行が完了し、義務は確定的に消滅するものとします。
    3. 当社は、当社が別途ガイドライン等において定めプランナーに通知するところに従い、プランナーに対し、当社所定の方法にてパートナーに代わって受領した購入代金を支払います。この場合の振込手数料は当社が負担します。
    4. 当社は、プランナーへの購入代金の支払に際して、プランナーが当社に支払うべき手数料その他の一切の債務を控除することができます。購入代金の支払い方法については個別契約に定めた内容又は当社とプランナー間の合意に基づく方法に従うものとします。

  • 第17条(パートナーによるアクションの購入方法)
    1. パートナーは、当社の定める方法によりアクションの購入を申し込むことができます。購入の申込みが完了した時点で、購入契約が成立します。
    2. アクション毎に本サービス上で表示される利用条件が設定される場合、パートナーは、購入の申込みをするにあたり、当該利用条件を理解のうえ同意するものとします。なお、購入の申込みを完了したパートナーはこれに同意したものとみなします。
    3. 当社は、購入契約が成立した時点で、アクションのページ内に会員ID及び購入内容を表示することができるものとします。ただし、当社は当該表示の義務を負うものではなく、また、パートナーは、当該表示の位置、方法や順番等について異議を申し立てることはできません。

  • 第18条(当社による購入の拒絶等)
    1. パートナーが以下の事由に該当すると当社が判断する場合、当社は、購入の申込みの不承認、購入の取消その他の措置(以下「取消措置等」という)を取ることができるものとします。
    2. (1)パートナーが法令に違反する行為を行い、またはそのおそれがある場合

      (2)第8条の条件を満たしていないことが事後的に判明した場合

      (3)申込時に申請した情報に事実に反する内容が含まれている場合

      (4)パートナーが本規約又はガイドライン等に抵触する行為を行い、又はそのおそれがある場合

      (5)その他、パートナーの購入が不適当である場合

    3. 購入の申込みがされた後において、前項の各号記載の事情の調査の必要性があると当社が判断した場合、当社は、事実関係の確認に必要な間、購入の確定を一時保留にすることがあります。パートナーは、当社の事実関係の確認に必要な協力をしなければなりません。
    4. 当社は、取消措置等を含む本条に基づき当社が行った行為により会員に生じた損害及び不利益について一切の責任を負いません。また、当社は、取消措置等を含む本条に基づく当社の行為に関し、いかなる場合もその理由を開示する義務を負いません。

  • 第19条(パートナーによる購入のキャンセル)
    1. パートナーは、アクションの類型を問わず、購入の申込みを完了したアクションについて、その購入をキャンセルすることができません。ただし、パートナー、プランナー及び当社の三者間で合意した場合、法令に基づく場合および本規約又はガイドライン等に定める場合に限り、購入のキャンセルが認められます。
    2. 当社において次の事実を認め、パートナーに通知した場合は、その購入はキャンセルされます。
    3. (1)アクションの掲載期間の終了から、当社が別途定める期間内に当社所定の方法による購入契約の決済手続きが完了しない場合(購入契約の決済完了以前に、当社、決済代行会社等が破綻し、又はその他の理由により決済を履行することができなかった場合を含みますが、これらの事由に限られるものではありません。

      (2)その事情を問わず、アクションの実施又はリターンの提供が不可能(これと同視すべき程度に実現が困難になった場合を含みます。)となった場合

    4. 前項の定めにかかわらず、アクションの掲載期間が終了し、かつアクションが成立した後に前項(2)の事由が生じた場合、当社は購入代金を返金する義務を負わず、第15条が適用されるものとします。

  • 第20条(リターンの取得等)
    1. アクションが成立した場合、当該アクションを購入したパートナーは、プランナーに対し、購入契約に基づき、各アクションにおいて定められたリターンの取得を求める権利を有するものとします。
    2. 前条第1項及び第2項に定める場合を除き、パートナーは、選択したリターンの変更・キャンセル・返金要求はできません。
    3. パートナーに対するリターンの履行は購入契約に基づき、アクションのプランナーが全責任を負うものであり、当社は、プランナーにより提供されるリターンの内容、品質、性状及び効能等、並びにリターンの履行等の一切について何ら表明しこれを保証するものではなく、パートナーはこれをあらかじめ承認するものとします。

  • 第21条(アクションがキャンセルされた場合等)
    1. 措置等によりアクションが削除された場合、第14条第2項によりアクションがキャンセルされた場合、取消措置等により購入が取り消された場合及び第19条第1項及び第2項に基づき購入がキャンセルされた場合、当社は、当社所定の方法による購入代金の決済手続きが完了しているパートナーには、購入代金(システム利用料を含む)を返金します。この場合、パートナーは返金手続に協力し、本条第3項に定める場合の外、円滑な返金手続を妨げないものとします。
    2. 前項の場合の返金手数料は、プランナーの負担とします。
    3. パートナーが当社からの最初の連絡に対して6ヶ月以内に返答を行わない場合、パートナーから購入代金を返金すべき利用可能な銀行口座等の届出がない場合、その他パートナーへの返金が不可能な場合は、購入代金の処分は当社に委ねられたものとみなされます。

  • 第22条(購入代金の支払い方法等)
    1. パートナーは、当社に対して、パートナーから支払われる購入代金をプランナーに代わって受領するための代理受領権限を付与するものとします。
    2. パートナーは当社が別途定める方法により購入代金の支払いをします。購入代金は、プランナーに代わり当社が受領します。パートナーが、当社に対して購入代金を支払った時点をもってパートナーの購入代金の支払は完了し、支払義務は確定的に消滅するものとします。
    3. パートナーが購入代金を支払う際には、当社に対して、別途当社がアクションページ等で定め、又は通知する内容に従い、システム利用料等が発生します。

  • 第23条(禁止行為等)
    1. 利用者は、本規約に定めるものの外、本サービスに関し、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。
    2. (1)本規約、ガイドライン等並びに法令等に違反する行為

      (2)当社、本サービスの他の利用者に対する詐欺等犯罪に結びつく行為

      (3)公序良俗に反する行為

      (4)当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為

      (5)本サービスを通じ、以下に該当し、または該当するおそれがあると当社が判断する情報を当社または本サービスの他の利用者に送信すること

      (ア)暴力的または残虐な表現を含む情報

      (イ)コンピューター・ウィルスなどの有害なコンピューター・プログラムを含む情報

      (ウ)当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者の名誉または信用を毀損する表現を含む情報

      (エ)わいせつな表現を含む情報

      (オ)差別を助長する表現を含む情報

      (カ)自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報

      (キ)薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報

      (ク)反社会的な表現を含む情報

      (ケ)虚偽の情報

      (コ)他人に不快感を与える表現を含む情報

      (6)本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為

      (7)当社が提供するソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為

      (8)本サービスの運営を妨害する行為及びそのおそれのある行為

      (9)当社のネットワークまたはシステム等への不正アクセス

      (10)第三者に成りすます行為

      (11)本サービスの他の会員のIDまたはパスワードを利用する行為

      (12)当社が事前に許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為

      (13)本サービスの他の利用者の情報の収集

      (14)当社、本サービスの他の利用者に不利益、損害、不快感を与える行為

      (15)面識のない異性との出会いを目的とした行為

      (16)前各号の行為を試みること

      (17)その他、当社が不適切と判断する行為

    3. 利用者は、前項の外、本規約に違反した場合であって、当該違反行為に基づき当社が損害を被った場合、当社に対し、その損害全て(合理的な弁護士費用を含みます)を賠償するものとします。

  • 第24条(本サービスの停止・中断等)
    1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
    2. (1)本サービスに係るコンピューター・システム(以下「本システム」という)の点検または保守作業を緊急に行う場合

      (2)本システムの改良、追加開発等に伴い緊急に必要な作業がある場合

      (3)コンピューター、通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等により本サービスの運営ができなくなった場合

      (4)決済代行業者の不具合又は決済代行業者の要請に基づき本システムの一部又は全部の停止を要請された場合

      (5)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

      (6)その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合

    3. 当社は、前項各号に定める措置により利用者に生じた損害を賠償する義務を負わないものとします。ただし、当社の故意又は重過失に起因して利用者に損害が生じた場合はこの限りではありません。

  • 第25条(権利帰属)
    1. 当社ウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は全て当社または当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイトまたは本サービスに関する当社または当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
    2. 会員は、投稿データについて、自らが投稿その他送信することについての適法な権利を有していること、及び投稿データが第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対し表明し、保証するものとします。
    3. 会員は、投稿データについて、当社に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関する非独占的なライセンスを付与します。また、他の会員に対しても、本サービスを利用して会員が投稿その他送信した投稿データの使用、複製、配布、派生著作物を作成、表示及び実行することについての非独占的なライセンスを付与します。
    4. 会員は、当社及び当社から権利を承継しまたは許諾された者に対して著作者人格権を行使しないことに同意するものとします。
    5. 会員は、アクション内容について、当社、プランナーその他の第三者の名誉その他の権利ないし利益を侵害するものでない限り、当社の定めるアクションのURLおよび埋め込みコード、アクションタイトル、アクション概要のテキストおよび画像、プランナーのプロフィールをインターネットおよび外部SNSサービス上で転載することができるものとします。また、これら以外の紙面媒体等への転載については、当社の承諾を得るものとします。

  • 第26条(サービス利用契約の解除等)
    1. 当社は、会員が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、投稿データを削除もしくは非表示にし、当該会員について本サービスの利用を一時的に停止し、またはサービス利用契約を解除し、会員としての登録を抹消することができます。
    2. (1)本規約またはガイドライン等のいずれかの条項に違反した場合

      (2)登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合

      (3)支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

      (4)当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して30日間以上応答がない場合

      (5)第3条第3項各号に該当する場合

      (6)その他、当社が本サービスの利用または会員としての登録の継続を適当でないと判断した場合

    3. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、会員は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
    4. 当社は、本条第1項に定める措置により会員に生じた損害又は不利益に関し、パートナーに対する返金義務が生じる場合の当該返金義務を除き、その責任を負わないものとします。

  • 第27条(会員IDの停止・抹消等)
    1. 会員ID保有者が本規約又はガイドライン等に違反した場合または会員IDに関する提携サービスの利用資格が理由の如何にかかわらず失効した場合、当社は事前に通知することなく会員IDを停止・抹消等の処理をすることができます。この場合、会員ID保有者が提携サービスで入金した会費やチケットの購入代金、その他サービスの返還等は一切行いません。
    2. 会員IDの停止または抹消等にあたり、当社に対して負っている債務がある場合は、会員は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
    3. 会員が死亡した場合、法人格が消滅した場合、その他会員資格の利用が不可能となる事由があった場合、当社は、当該会員がその時点で退会したものとみなすことができるものとします。

  • 第28条(本サービスの内容の変更、終了)
    1. 当社は、当社の都合及び裁量により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。
    2. 当社が本サービスの提供を終了する場合、当社は会員に事前に通知するものとします。
    3. 当社は、本条第1項に定める措置により会員に生じた損害又は不利益に関し、パートナーに対する返金義務が生じる場合の当該返金義務を除き、その責任を負わないものとします。

  • 第29条(非保証その他免責事項)
    1. 当社は、利用者が本サービスを利用する際に、コンピュータウイルスなど有害なプログラム等による損害を受けないことを保証しないものとします。
    2. 利用者は、自己の責任及び費用負担において本サービスを利用する端末及び通信環境を用意するものとします。当社は、利用者が本サービスを利用する際に使用するいかなる端末及び通信環境についても、その動作等に関する保証をしないものとします。
    3. 本サービスの基準時間は、当社ウェブサイトにかかるサーバー及びシステムで管理する時間とし、実際の時間や本サービスで表示する時間とは一致しない場合があります。利用者はあらかじめこれを了解の上で本サービスを利用するものとします。かかる不一致により、会員がアクションの購入の申込みを完了できない場合、当社は、会員に生じた損害及び不利益について責任を負いません。
    4. 会員は、本サービスの利用に関連して課税が生じることがあることを認識して本サービスを利用するものとします。当社は、当該課税に関し一切関与しないものとし、課税の有無や課税額等については、会員自らが、自らの責任で確認および対応するものとします。
    5. 前各号に定めるものの外、当社は、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、継続的に利用できること、及び不具合が生じないことについて、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。
    6. 当社は、本サービスに関して利用者に対し損害賠償責任を負う場合であっても、当社が負う賠償責任の範囲は、通常かつ直接発生する損害の範囲に限定され、当該損害が発生した日の属する月における利用者の購入額または10万円のどちらか金額が高い方をその上限とし、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。ただし、当該利用者との関係でサービス利用契約が消費者契約に該当し、かつ当該損害が当社の故意又は重過失に基づき発生した場合はこの限りではありません。
    7. 本サービスまたは当社ウェブサイトに関連して利用者と他の利用者または第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、利用者が自己の責任によって解決するものとします。当社は、中立的な立場でかかるトラブル解決に努めますが、トラブル解決に対し何らかの法的な義務を負うものではありません。当社は、当サービスの健全性を確保する見地から、かかるトラブルの当事者である利用者に事実関係の確認をする場合があり、当該利用者は当社の事実確認に協力しなければなりません。

  • 第30条(秘密保持)
    1. 会員は、本サービスの利⽤に関し当社から開⽰された、当社に属する当社の技術上、営業上及び経営上その他当社への問合せに対する回答内容を含む一切の情報(以下「秘密情報」という)については秘密として保持し、事前に当社の書⾯による承諾を得ることなく第三者への開示又は漏洩をしてはならないものとします。ただし、次の各号に定める情報は、秘密情報から除外されます。
    2. (1)当社から開示を受ける前に、当社が正当に保有していたことを証明できる情報。

      (2)当社から開示を受ける前に、公知となっていた情報。

      (3)当社から開示を受けた後に、会員の責に帰すべからざる事由により公知となった情報。

      (4)会員が、正当な権限を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に⼊⼿した情報。

      (5)会員が、開示された情報によらず独⾃に開発した情報。

    3. 会員は、本サービスを利用する目的にのみ秘密情報を利用するものとし、その他の目的に利用してはならないものとします。

  • 第31条(反社会的勢力の排除)
    1. 利用者は、自己またはその代表者、役員、実質的に経営権を有する者、従業員、代理人または媒介者(以下「関係者」という)が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団またはこれらの者と密接な関わりを有する者もしくはこれらに準じる者(以下「反社会的勢力」という)のいずれにも該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    2. 利用者は、自らまたはその関係者が、直接的または間接的に、以下の行為を行わないことを確約するものとします。
    3. (1)暴力的な要求行為

      (2)法的な責任を超えた不当な要求行為

      (3)取引に関して、脅迫的な言動(自己またはその関係者が反社会的勢力である旨を伝えることを含みますが、これに限りません。)をし、または暴力を用いる行為

      (4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当社の信用を毀損し、または当社の業務を妨害する行為

      (5)その他前各号に準じる行為

    4. 利用者が前二項に定める表明事項または確約事項のいずれかに違反することが判明した場合、当社は、何らの催告を要することなくサービス利用契約を解除して、会員登録を取り消すことができます。かかる解除に起因して会員導入企業に何らかの損害が生じた場合であっても、当社は、会員導入企業に対し、何ら責任を負わないものとします。

  • 第32条(利用者情報の取扱い等)
    1. 当社による会員の利用者情報の取扱いについては、別途当社プライバシーポリシーの定めによるものとし、会員はこのプライバシーポリシーに従って当社が会員の利用者情報を取扱うことについて同意するものとします。
    2. パートナーは、本サービス上で購入契約が成立した場合、プランナーに対して、リターンの提供を利用目的として、パートナーの氏名、住所、購入額、選択したリターンの内容、プランナー宛のメッセージ、その他、リターンの履行に必要な情報を提供することにあらかじめ同意するものとします。
    3. 当社は、プランナーによるリターンの不履行に備えて保険に加入することがあり、当該保険金の請求手続きを目的として手続きに必要な範囲で、会員の氏名、住所、アクション内容、購入内容等の必要な情報を提供する場合があり、会員はこの情報提供について同意するものとします。
    4. 当社は、会員が当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、会員はこれにあらかじめ同意するものとします。

  • 第33条(本規約等の変更)
    1. 当社は、当社が必要と認めた場合は、本規約を変更できるものとします。本契約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を当社ウェブサイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、または利用者に個別に通知します。
    2. 前項の施行時期の到来後に利用者が本サービスを利用した場合、当社は、当該利用者が本規約の変更に同意したとみなします。

  • 第34条(連絡/通知)
    1. 本サービスに関する問い合わせその他利用者から当社に対する連絡または通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社から利用者に対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとします。
    2. 当社が利用者の登録情報に含まれるメールアドレスその他の連絡先に連絡または通知を行った場合、利用者は当該連絡または通知を受領したものとみなします。

  • 第35条(サービス利用契約上の地位の譲渡等)
    1. 利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
    2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに会員の登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、会員は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

  • 第36条(分離可能性)
    1. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。
    2. 本規約のいずれかの条項またはその一部が、特定の利用者との関係で無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の当該部分は他の利用者との関係では継続して完全に効力を有するものとします。

  • 第37条(準拠法及び管轄裁判所)
    1. 本規約、サービス利用契約及び購入契約の準拠法は日本法とします。
    2. 本規約、サービス利用契約又は購入契約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


    以上